本文へスキップ

いい酒だけを造り続けて260年。

電話でのお問い合わせはTEL.0120-130-896

メールでのお問い合わせはこちら

美味しい飲み方

お燗に向く酒

方針イメージ

もともと旨味や酸味の強い濃醇タイプのお酒は、お燗に向くとされています。 舌触りが滑らかになり、甘味、酸味、苦味などのバランスが良くなって、より旨味を増すからです。 反対に、フルーツ系のフレッシュな香りを楽しむタイプの酒は、温めるとアルコールが立ってしまい、味わいを悪くする場合があります。 吟醸酒や大吟醸酒、生酒などは常温や冷やのほうが、持ち味を損なわず美味しくいただけます。 お酒の魅力をより引き出すために大切なのは、まずはそのお酒を良く知ること。 もちろん、人それぞれに好みの違いもありますが、まずはそのお酒に最もあった温度を見つけることができれば、楽しみ方も拡がっていきます。

お燗のつけかた

おいしいお燗をつけるには、湯煎がおススメです。 酒全体がゆっくりと温められるため、味を損なうことなく旨味が引き出されます。 大きめの鍋で水を沸騰させ、いったん火から下ろします。 酒を注いだ徳利をその中に漬け、2〜3分温めて、徳利の底を手で触ってみます。 手で触れるくらいが約 50℃、数秒しか触っていられないようなら60℃近辺となり、飛び切り燗となります。 また徳利のくびれ部分までお酒を入れ、お酒が膨張して膨れてきたらあげるという方法もあります。 いずれにせよ馴れないうちは、『酒温計』を使ってみるのもお薦めです。 上手に燗をすると、内から体が温まるのはもちろん、冷やにはないふくよかな香りとまろやかな味わいが楽しめます。 甘さは人間の体温の35度ほどでよく感じられ、アミノ酸は温度が高くなるほどよく感じられます。 そのため、常温では感じにくかった甘味や旨味が引き出されるのです。 少しの手間をかけることで、もてなす人の心遣いも伝わるもの。お燗は手間ひまかけてじっくりとつけたいものです。

電子レンジの「レンジ燗」

本来はじっくりと時間をかけたいお燗ですが、時間の無い場合は電子レンジでも簡単につけることができます。 徳利1本約40秒ほどで適温になります。(お酒の量やレンジによっても異なります) 但し、レンジの場合、使う容器によっては、均一に温まりにくりということがあります。 片口(お椀のような形状の酒器)ならほぼムラの無いお燗ができます。最近では、レンジ用の徳利も出回っていますのでご活用下さい。

燗のはじまり

日本酒がいつ頃から燗をして飲まれるようになったのか、定かなことはわかっていません。 平安時代中期の『延喜式』の中に、小さな銅製の鍋にお酒を入れ、直接火にかけて温める「直(じき)鍋(なべ)」または「直(じき)燗(かん)」といわれる方法の記述があり、この頃すでに燗でお酒を飲むしきたりがあったようです。  
また江戸時代初期から中期にかけては、酒を温める専用の鍋として『燗(かん)鍋(なべ)』が登場します。 一般的には、炊事用の鉄鍋が酒を温めるのにも使われていたようです。 またこの時代、燗をして酒を飲むのは9月9日の重陽の節句(菊の節句)から翌年3月3日の桃の節句までの間だけだったともいわれ、燗酒とはいわず「暖(あたため)酒(ざけ)」と呼んでいました。寒い時期だけではなく、一年中燗をするようになったのは、江戸時代中期以降といわれています。 この頃には、大型だった徳利も一合入り、二合入りというように手頃なサイズになり、広く普及していき、また直鍋ではなく湯煎方式による燗が一般化したと考えられています。
ではなぜ日本酒は燗をして飲まれるようになったのでしょうか? 世界中の様々な酒の飲用方法からみても、『燗』というのはとても珍しい飲み方です。 明確な答えはどの文献にも記されていませんが、当初は寒い時期だけだったことから、体を温めるためとする説が有力です。 中国では古くから寒い時期には、温酒、暑い時期には冷酒として飲んだという記録があり、白楽天の有名な詩の一説に『林間温酒焼紅葉(林間に紅葉を焼きて酒を暖む)』というのがあります。 当時、公卿たちの間で広く読まれていた白楽天のこの詩の影響もあったのかもしれません。


からだに優しい、温かい酒

日本酒を温めて飲むのは、実はからだにとても優しい飲み方です。 すぐに酔ってしまう・・という悪いイメージが先行しがちですが、アルコールの吸収が早く、飲んだらその分だけ酔いが回る、つまり酔いの度合いを自分でチェックできるので、飲みすぎ防止になります。体に負担をかけず適量で抑えることができるのです。 冷酒は口あたりよく、すいすいと飲んでしまいますが、アルコールの吸収が遅く、冷たいまま胃に流れた酒が徐々に温められ、急激に酔いが回ってきます。酔っていないと油断していたら、立ち上がれない!なんて驚いたこともあるのでは。 寒い季節には、自然と体を温めるものを求めます。美味しい料理を囲みながら、お燗酒でゆったりと心地よい酔いを体にめぐらせてみましょう



柏露の歴史はこちら⇒

ミュージアムショップ柏屋⇒

柏露酒造柏露酒造

〒940-1131
新潟県長岡市十日町字小島1927番
TEL 0120-130-896